教室紹介

ご挨拶

スタッフ紹介

教室のあゆみ

研究紹介

教室だより

2018年度 新入局員紹介




漆田 優樹


Q. 自己紹介をお願いします.

2018年に新しく群馬大学神経内科へ入局いたしました漆田優樹です。出身は千葉ですが大学から群馬へ来て、今後は群馬で医療へ従事していきたいと考えております。

Q. なぜ群馬大学脳神経内科に入局したかを教えて下さい

私は高校生のときにギラン・バレー症候群になり入院しました。そのときになかなか診断がつかず、進む症状のなか不安であったことを覚えています。そこで神経内科医となり診察・診断をしっかり行える医師になりたいと思い神経内科を希望しました。また群馬大学は出身大学ということに加え優しく熱心な先輩方がたくさんいらっしゃったのも選んだ理由です。

Q. 教室の雰囲気はいかがですか?

若い先生方が多く、またどの先輩も優しく声をかけてくださいます。そのような中ですのでとても学びやすく、若い私たちにどんどんやらせていただけるためとても学ぶ機会が多いです。

Q. 今後の抱負をお願いします.

まだまだ未熟者ですが精一杯頑張ります。よろしくお願いいたします。


戸村 琴音


Q. 自己紹介をお願いします.

今年度神経内科に入局した戸村琴音と申します。群馬大学出身で、その後2年間は公立藤岡総合病院で初期研修をさせて頂きました。地域医療に貢献できればと思っております。よろしくお願いいたします。

Q. なぜ群馬大学脳神経内科に入局したかを教えて下さい

学生時代、神経内科で実習させて頂いた時、不定愁訴のようにも思えてしまう神経症状の原因を探り、診断していくところに興味を持ちました。また、神経症状だけでない患者さんの訴えや症状を丁寧に拾い上げていく医局の方針や雰囲気が魅力的であり、入局させていただくことになりました。

Q. 教室の雰囲気はいかがですか?

知識・経験が乏しく非常に不安に思いながら働きはじめましたが、池田教授をはじめとした医局の先生方が、お忙しい中にも関わらず優しく丁寧にご指導してくださり、充実した日々を過ごさせていただいております。

Q. 今後の抱負をお願いします.

至らないことばかりで多々ご迷惑をお掛けしてしまうかと思いますが、少しでも患者さんの支えになれるよう、日々努力していきたいと思います。どうかご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


藤田 智


Q. 自己紹介をお願いします.

2018年に群馬大学脳神経内科に入局した藤田智と申します。群馬大学を卒業後、順天堂医院で初期臨床研修、荏原病院で後期臨床研修をおこなっておりました。趣味は野球観戦です。どうぞ宜しくお願いいたします。

Q. なぜ群馬大学脳神経内科に入局したかを教えて下さい

カンファレンスや回診を見学させていただいた際に、神経所見、診断のプロセス、治療方針に関して詳細に考えるところにひかれました。また神経難病の診療に関わりたいと思っていたこともあり入局を決めました。

Q. 教室の雰囲気はいかがですか?

池田教授をはじめ、先生方はとても優しいです。またミニレクチャーやクルズスなども開催していただいており、とても勉強になっております。

Q. 今後の抱負をお願いします.

知識や経験が少ないため、先生方にはご迷惑をおかけすることが多いと思いますが、しっかりと仕事を頑張っていきますので、宜しくお願いいたします。


丸山 篤造


Q. 自己紹介をお願いします.

2018年度群馬大学医学部附属病院脳神経内科に入局いたしました、丸山篤造と申します。出身は埼玉県熊谷市です。群馬大学医学部を卒業後公立藤岡総合病院で1年、群馬大学医学部附属病院で1年初期研修を行いました。どうぞよろしくお願いいたします。

Q. なぜ群馬大学脳神経内科に入局したかを教えて下さい

私は最初の学生実習が脳神経内科でした。人体の不思議に元々興味があり、様々な身体診察、多彩な神経症候を目の当たりにしてより興味を持ちました。また真剣なカンファレンスと優しい先生方に魅力を感じ、群馬大学脳神経内科に入局いたしました。

Q. 教室の雰囲気はいかがですか?

若手を育てていく姿勢や目の前の患者に全力を尽くす姿勢が根付いています。同期同士も協力しながら切磋琢磨しており、大変充実しています。

Q. 今後の抱負をお願いします.

目の前の患者さんに全力を尽くすということをモットーに精一杯頑張りたいと思います。


山内 茉由莉


Q. 自己紹介をお願いします.

前橋赤十字病院で初期研修を修了しました。他に入局した先生方とは違って獨協医科大学出身ですが、群馬愛では負けていないと自負しています。好きなものはお茶と読書です。

Q. なぜ群馬大学脳神経内科に入局したかを教えて下さい

医学生時代に神経内科学術大会でポスター発表に参加させて頂きましたがその時から神経内科が好きでした。初期研修では脳梗塞等の急性期の神経疾患を診ることが多かったですが、大学でより専門性の高い疾患や変性疾患について勉強したいと思い、入局しました。

Q. 教室の雰囲気はいかがですか?

治療だけでなく研究に重きを置いていますが、若い先生方も多く、賑やかな雰囲気だと思います。

Q. 今後の抱負をお願いします.

地域研修で感じましたが、まだまだ群馬は神経内科医が不足していますので少しでも群馬の地域医療に貢献できればと思います。医師3年目で脳神経内科医としては始まったばかりですが、医科大学生・初期研修医時代で学んだことを生かしたいです。



ページの先頭へ

群馬大学大学院 医学系研究科 脳神経内科