教室紹介

ご挨拶

スタッフ紹介

教室のあゆみ

研究紹介

教室だより




青木 蕉


Q.自己紹介をお願いします

群馬大学神経内科新入局の青木蕉と申します。群馬大学を卒業後、群馬大学と桐生厚生総合病院のたすき掛けプログラムで研修しました。小さいころから水泳をやっていて、泳ぐのが得意です。また、野外フェスなどに行くのも趣味の一つです。よろしくお願いします。

Q.なぜ群馬大学脳神経内科を選択したか教えて下さい

学生実習の際に、池田教授の臨床に対する熱心な姿勢に感銘を受けたのを覚えています。その後も学会やセミナーなど、神経内科に触れ合う機会にも恵まれ、神経内科への興味が強くなりました。池田教授を始め、臨床に熱心で教育的な先生方が多く、それでいてとても親しみやすく楽しい雰囲気であったことが、入局の決め手です。

Q.教室の雰囲気はいかがですか?

親切で熱心な先生方が多く、とても良い雰囲気で働かせていただいております。

Q.今後の抱負をお願いします

まだまだ未熟ですが、早く一人前になれるように頑張ります。


岩ア 理


Q.自己紹介をお願いします

本年度より群馬大学脳神経内科学講座に入局させていただきました岩ア理です。出身は前橋市で、今後も群馬県の医療に貢献していきたいと考えています。大きい体に対して度胸は小さいですが、大きな志を持って尽力していきたい所存であります。

Q.なぜ群馬大学脳神経内科を選択したか教えて下さい

初期臨床研修期間、神経内科で研修した際に、患者さん全身の臓器に関係する神経に興味をもった事がきっかけです。指導して下さった先生が素晴らしい先生で、更に研修先にご講演に来て下さった池田佳生先生のお話を拝聴し入局を決めました。

Q.教室の雰囲気はいかがですか?

医局にいらっしゃる先生方皆さんがとても優しい方で、とても明るい教室です。

Q.今後の抱負をお願いします

大学病院で自身を磨く場に恵まれている事を自覚し、少しでも早く自身の specialityを培っていきたいです。


岡 大典


Q.自己紹介をお願いします

群馬大学脳神経内科後期研修医1年目の岡 大典と申します。前橋市出身で、前橋高校・群馬大学医学部を卒業しました。初期研修の2年間は市中病院にて行い、卒後3年目に群馬大学の脳神経内科へ入局させていただきました。高校・大学と音楽の部活に入っており、音楽を聴いたり楽器を演奏することが趣味です。よろしくお願い申し上げます。

Q.なぜ群馬大学脳神経内科を選択したか教えて下さい

学生の頃から神経領域に興味があり、初期研修を通して脳炎や膠原病など、神経領域のみならず全身を診ていく必要のある疾患を経験し神経内科の扱う疾患の幅広さ、やりがいを実感しました。また群馬大学脳神経内科には、教授である池田佳生先生を始め初期研修の際にお世話になった上級医の先生など数多くのすばらしい先生がたくさんいらっしゃり、自分の憧れの医師像が見出せました。

Q.教室の雰囲気はいかがですか?

神経内科の上級医の先生方は3年目でわからないことが多い自分に丁寧に教えてくださり、いつも助けられています。穏やかな雰囲気で診療に難渋した時もチームの分け隔てなく相談に乗ってくださるところがすばらしいと思います。今年は同期が5人も入り、お互いに切磋琢磨しながら働けており充実しています。

Q.今後の抱負をお願いします

神経内科医として自立できるよう精一杯勉強に仕事に頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


菊池 雄太郎


Q.自己紹介をお願いします

2017年群馬大学脳神経内科に入局いたしました菊池雄太郎です。神奈川県にある北里大学医学部を卒業後、群馬大学附属病院で初期研修を行っておりました。わからないこともたくさんありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Q.なぜ群馬大学脳神経内科を選択したか教えて下さい

大学時代の定期テストでよい点数を取れたのがきっかけで神経内科学に興味を持ちました。20156月の群大での初期研修時代に脳神経内科を研修させていただいた際に、池田先生を中心として、一つ一つの症例を非常に丁寧に検討していく診断・治療方針に感銘を受けました。また、3番目の質問と重複しますが、スタッフの先生方の大変アットホームな雰囲気にも大変魅力を感じ、入局させていただくことになりました。

Q.教室の雰囲気はいかがですか?

上記でも述べましたが、大変アットホームで仕事に取り組みやすい職場であると感じております。今年度入局した5人でさらに明るく魅力的な教室にしていければと思っております。

Q.今後の抱負をお願いします

私自身はまだまだ本当に実力不足ですので、とにかく一生懸命に勉強し、少しでも患者さんにお力添えできるよう研鑽を積んでいきたいと思っております。様々なことでご迷惑をおかけすることもあるかとは思いますが、よろしくお願いいたします。


高橋 怜真


Q.自己紹介をお願いします

今年度より群馬大学脳神経内科で働かせていただくこととなりました高橋怜真と申します。群馬大学医学部を卒業後、公立藤岡総合病院で2年間の初期臨床研修を修了しております。趣味はスポーツ全般で、体を動かすことが好きです。どうぞよろしくお願いいたします。

Q.なぜ群馬大学脳神経内科を選択したか教えて下さい

患者の症状、経過や神経徴候等の臨床所見からその患者の責任病巣や病態を探っていき、適切な治療を選択していくという診断の過程が非常に興味深く、学生のころから興味を持っておりました。学生実習や臨床研修、セミナー等でも非常に親切に丁寧なご指導をしていただき、楽しい雰囲気で仕事ができたことも群馬大学脳神経内科に入局を決めた大きな理由です。

Q.教室の雰囲気はいかがですか?

親切で熱心な先生方が多く、とても良い雰囲気で働かせていただいております。

Q.今後の抱負をお願いします

知識は半人前ですが、やる気と体力は人一倍あるつもりです!今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!



ページの先頭へ

群馬大学大学院 医学系研究科 脳神経内科