業績集

業績集

2016年

欧文

和文原著・症例報告

和文総説

著書

学会発表

研究補助金

班会議報告

研究会等


業績集目次へ

受賞歴

業績集

2016年 学会発表


国際学会

1) Ikeda M, Tashiro Y, Makioka K, Kasahara H, Fujita Y, Nagashima K, Hirayanagi K,Nagamine S, Furuta N, Amari M, Takatama M, Okamoto K, Yamazaki T, Yamaguchi H, Higuchi T, Tsushima Y, Ikeda Y. Analysis of microbleeds in clinical variants of AD on CSF and Neuroimaging markers. AAIC2016Toronto, Canada, 2016/July/25

2) Nagashima K, Makioka K, Fujita Y,Ikeda M, Ikeda Y. Clinical usefulness of MoCA for the detection of cognitive impairment in amyotrophic lateral sclerosis patients. 27th international symposium on ALS/MNDDublin, Ireland, 2016/Dec/8


国内学会

1) 青木 蕉, 牧岡幸樹, 古田みのり, 池田佳生. 胸腺腫摘除が有効であった抗Lrp4抗体陽性重症筋無力症患者の臨床的特徴. 57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.21

2) 阿久津二夫,富永奈保美、蜩c敦子,染小英弘,長嶋和明,荻野美恵子,飯塚高浩,前田実花,熊谷雄治,西山和利.神経難病患者におけるスコポラミン軟膏使用時の安全性と有効性について.57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.20

3) 甘利雅邦,中島智子,内田成香,高玉真光,山口晴保,池田将樹,岡本幸市.レビー小体型認知症にもVSRADは有効である.第57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.21

4) Ikeda M, Tashiro Y, Makioka K, Kasahara H, Fujita Y, Nagashima K, Hirayanagi K, Nagamine S, Furuta N, Tsukagoshi S, Sekine A, Furuta M, Amari M, Okamoto K, Takatama M, Yamazaki T, Yamaguchi H, Higuchi T, Tsushima Y, Ikeda Y. Microbleeds in clinical subtypes of AD on CSF and Neuroimaging markers. 57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.20

5) 池田将樹,笠原浩生,牧岡幸樹,池田佳生.脳表ヘモジデリン沈着を認めるADにおけCSFマーカーと脳画像の検討.第7回日本脳血管・認知症学会学術大会VAS-COG Japan 2016(金沢), 2016.8.6

6) 池田将樹,笠原浩生,牧岡幸樹,池田佳生.脳表ヘモジデリン沈着を呈するADにおけるCSFマーカーと脳画像の臨床的検討.第35回日本認知症学会学術大会(東京), 2016.12.2

7) 石川大介, 古田みのり, 平柳公利, 長嶋和明, 池田佳生.慢性進行型神経ベーチェット病の急性症状に対してステロイドが奏功した63歳男性例.第220回日本神経学会関東・甲信越地方会(東京), 2017.3.4

8) 笠原浩生, 池田将樹, 牧岡幸樹, 池田佳生. PiB PETを施行した物忘れ外来受診患者におけるvascular risk factorsについての検討. 57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.18

9) 笠原浩生, 池田将樹, 牧岡幸樹, 池田佳生. PiB PETを施行した物忘れ外来受診患者におけるvascular risk factorsについての検討. 7回日本脳血管・認知症学会学術大会VAS-COG Japan 2016(金沢), 2016.8.6

10) 菊地 豊, 美原 盤, 河島則天, 塚越設貴, 池田佳生. 脊髄小脳失調症6型(SCA6症例に対するリハビリテーション介入の効果. 57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016. 5.21

11) 関根彰子,平柳公利,牧岡幸樹,水島和幸,針谷康夫,池田佳生.Listeria monocytogenesによる細菌性髄膜炎の臨床的特徴の検討.第57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.20

12) 関根彰子,石川大介,長嶺 俊,牧岡幸樹,長嶋和明,池田佳生.脳浮腫と嚢胞を伴う特徴的な画像所見を呈した大脳白質脳症の42歳女性例.第218回日本神経学会関東・甲信越地方会(東京), 2016.9.3

13) 塚越設貴,石澤邦彦,平柳公利,長嶺 俊,牧岡幸樹,池田佳生.中枢神経系細菌感染症に対するセフトリアキソン使用に伴う胆嚢内偽胆石形成の検討. 57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.20

14) 中沢信明, 高橋則行, 川尻洋美, 長嶋和明, 池田佳生. 神経難病患者のための視線スイッチの開発〜視線による意思伝達装置「話想」の操作〜. 4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会(名古屋), 2016.11.19

15) 長嶋和明,牧岡幸樹,藤田行雄,池田将樹,池田佳生.筋萎縮性側索硬化症患者の認知機能評価におけるMoCA-Jの有用性についての検討.第57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.21

16) 長嶋 和明, 牧岡 幸樹, 藤田 行雄, 池田 将樹, 池田 佳生. 筋萎縮性側索硬化症患者認知機能評価におけるMoCA-Jの有用性についての検討.7回日本脳血管・認知症学会総会VAS-COG Japan 2016(金沢), 2016.8.6

17) Nagamine S, Yamazaki T, Makioka K, Fujita Y, Ikeda M, Takatama M, Okamoto K, Yokoo H,Ikeda Y. Hypersialyation is a common pathological feature in Alzheimer’s disease and other tauopathies. 57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.19

18) 牧岡幸樹,関根彰子,平柳公利,池田佳生.当院で経験した白質脳症の臨床所見の後方視的検討 57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.19

19平柳公利, 石澤邦彦, 藤田行雄, 牧岡幸樹, 金子由夏, 相原優子, 田中真, 池田佳生. トコンドリア遺伝子ND6に変異を認めた両側線条体壊死症の2家系3症例の検討. 57回日本神経学会学術大会(神戸), 2016.5.20

20) 古田夏海,橋怜真,藤澤洋輔,牧岡幸樹,長嶋和明,越浩美,鹿嶋友敬,池田佳生. 窩先端症候群を呈し,眼窩内組織の生検が診断の確定に有用であった83歳女性例. 219回日本神経学会関東甲信越地方会(東京), 2016.12.3

21) 古田みのり, 古田夏海, 牧岡幸樹, 本多文昭, 長嶋和明, 藤田行雄, 池田佳生. 脊柱管内に発生した腫瘤性石灰化病変により両上肢の筋力低下を呈した54歳女性例. 217回日本神経学会関東・甲信越地方会(東京), 2016.6.4

ページの先頭へ